スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

還付金出ると偽り振り込め容疑=3人逮捕、計7000万円か-警視庁(時事通信)

 医療費還付金が出ると偽り、約150万円を振り込ませてだまし取ったとして、警視庁捜査2課などは26日までに、電子計算機使用詐欺容疑で、東京都豊島区上池袋、無職山本浩二容疑者(38)ら3人を逮捕した。
 同課によると、3人は「金は引き出したが、詐欺の認識はない」などと供述。同課は昨年4月から都内で、少なくとも計約7000万円を詐取したとみて調べている。 

【関連ニュース】
詐欺容疑、社長ら再逮捕=石油事業出資事件
振り込め詐欺未遂容疑で3人逮捕=同じ業者名で100件以上か
架空保険商品で2.5億円詐取=損保ジャパンの元募集人
口座詐取で道職員逮捕=「ヤミ金に譲渡」
融資詐欺、元市議に無罪=「被害者証言あいまい」

抗うつ薬サインバルタを新発売―塩野義とリリー(医療介護CBニュース)
宝塚市のキリスト教会でも消火器投げ込まれる(産経新聞)
<推理作家協会賞>長編部門は飴村行さん、貫井徳郎さんに(毎日新聞)
介護支援ボランティア制度、実施地域が急増(医療介護CBニュース)
メード服姿の“萌える”学生店長 夢は会社設立(産経新聞)
スポンサーサイト

<口蹄疫>宮崎の牛、疑い新たに3頭 計12頭に(毎日新聞)

 宮崎県都農(つの)、川南両町の畜産農家2戸で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」に感染した疑いが強い乳牛や和牛計9頭が見つかった問題で、農林水産省と県は21日夜、川南町の別の農家の牛3頭も感染の疑いが強いと発表した。感染の疑いが確認されたのは3農家で計12頭となった。

 新たに分かったのは川南町で21日に6頭の感染の疑いが確認された農家から北へ約400メートルの肥育農家で、和牛と交雑種計118頭を飼育している。県は既に半径10~20キロの移動・搬出制限区域を設定しており、一両日中にすべてを殺処分し消毒などの防疫措置を取る予定。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
口蹄疫:さらに6頭に感染の疑い 宮崎
口蹄疫:1週間さかのぼり調査へ 農水省
口蹄疫:確認1週間前までさかのぼり調査へ 感染疑いで農水省
口蹄疫

普天間移設 政局流動化の発火点に 社民反発、連立離脱も(産経新聞)
本屋大賞 冲方丁さん「天地明察」に(毎日新聞)
高崎自然動物園 名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)
山形新幹線、人身事故で運転見合わせ(読売新聞)
無免許で高速道路逃走、最後は駆け足(読売新聞)

<強盗殺人>78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(毎日新聞)

 18日午後9時10分ごろ、山口県山陽小野田市港町2、無職、大石義美さん(81)方で「風呂場で女性が倒れている」と同市消防本部から県警に110番通報があった。駆けつけた署員が浴室で妻サカヨさん(78)が殺されているのを見つけた。遺体は頭部などに複数の切り傷があった。室内に普段あったサカヨさんのバッグなどがなくなっており、県警は強盗殺人事件とみて捜査している。

 山陽小野田署によると、夫の義美さんは3月下旬から市内の病院に入院中で、サカヨさんは1人暮らしだったという。

 18日は同県宇部市のサカヨさんの妹(59)が大石さん宅に何度も電話したが、応答がないため、夜に訪問。玄関のガラス戸を割って入り、倒れていたサカヨさんを見つけ、119番通報したという。サカヨさんは服を着た状態だったという。

 大石さん宅は木造平屋で室内に目立って物色された跡はなく、玄関は内側から鍵がかかっており、窓が壊されるなどの侵入した形跡もなかった。現場は小野田港に近い住宅密集地。【中尾祐児、佐野格】

雪の壁にびっくり、立山黒部アルペンルート開通(読売新聞)
<シカに洋弓矢>「食パンでおびき寄せた」稲垣容疑者(毎日新聞)
職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転-厚労省独自仕分け(時事通信)
<日仏首脳会談>EUとの経済連携協定、共同研究を提案(毎日新聞)
舛添氏トップ維持、鳩山首相は5位=2位に菅、渡辺氏並ぶ-次期首相候補(時事通信)

法相、社団法人調査を指示 無利子融資問題で(産経新聞)

 千葉景子法相は13日午前の記者会見で、法務省が所管する社団法人「民事法情報センター」の理事長が無利子、無担保で同法人から1500万円の融資を受けていた問題について「実情については改めてきちっと調査をするよう指示した」と述べ、内部調査に乗り出す考えを示した。

 この問題は政府の事業仕分け第2弾に向けた衆参当選1回生議員らが行った事前調査で判明した。千葉氏は「逆に言えば内閣、鳩山政権として、こういうものにきちっと対応していくという姿勢がはっきりした。大変プラスなことだ」と強調。外部から指摘を受けるまでこうした問題が明らかにならなかった点に関しては「(1回生の事前調査は)内部での調査とイコールだと思う。いろんな角度から指摘があれば真(しん)摯(し)に受け止め、自らもチェックをより一層していく」と述べた。

【関連記事】
仕分け第二弾 民間仕分け人31人内定 外国人は除外
仕分け第2弾 54独法が対象
政府「行政事業レビュー」 過去の無駄、今さら見直し 参院選アピール狙う
千葉法相、女性問題の中井氏に苦言
千葉法相、夫婦別姓の今国会提出に改めて意欲
外国人地方参政権問題に一石

免疫細胞の制御遺伝子特定=難病の治療法に道-東京医歯大など(時事通信)
首相訪米を正式発表 核安全保障サミット(産経新聞)
民主との連携否定=平沼代表(時事通信)
無料化効果は1500億円=時間短縮、燃料費節約で-馬淵国交副大臣(時事通信)
<火祭り>燃え上がれ、みこし…岐阜・手力雄神社(毎日新聞)

黄砂増大 ゴビ砂漠乾燥 人体に悪影響も(産経新聞)

 中国大陸で発生し、日本列島を覆う「黄砂(こうさ)」。気象庁によると、今年は特に発生源の砂漠地帯で黄砂が舞いやすい環境にあるという。中国の工業地帯を通過、汚染物質などが付着した黄砂は、ぜんそくや花粉症の悪化など人体に与える悪影響も懸念される。(豊吉広英)

                   ◇

 ◆有害な付着物

 3月21日、全国的に観測された大規模黄砂。空は黄色くかすみ、各地で交通機関が乱れたり、洗濯物や衣服に付着したりするなど、生活に大きな影響が出た。

 しかし、黄砂の問題は、単に「砂塵(さじん)が宙を舞う」ということにとどまらない。

 環境省が平成14~19年度に実施した黄砂実態解明調査で、黄砂飛来時の浮遊粉塵の成分を分析したところ、硫酸イオンや硝酸イオンの濃度が相対的に高いことが判明した。

 「四日市ぜんそくの原因として知られる二酸化硫黄や二酸化窒素などが反応し、黄砂に付着したとみられる」と話すのは大分県立看護科学大学の市瀬孝道教授(生体反応学)。

 中国の工業地帯を通過した際に付着した可能性が高く、吸い込むと「のどや気管で炎症を起こす危険がある」(市瀬教授)。目がチカチカしたり肌がピリピリするなどの異常も報告されているという。

 さらに、黄砂にはアレルギー反応を活性化させる死亡微生物が大量付着していることも判明。動物実験で、黄砂とスギ花粉の両方を投与すると、黄砂や花粉の単独投与より激しいアレルギー反応が確認された。

 砂の主成分である二酸化ケイ素もアレルギー反応を活性化させることが知られており、市瀬教授は「黄砂は砂そのものと、付着した微生物により、花粉症などのアレルギーを悪化させる可能性が高い」と指摘する。

 ◆飛びやすい環境

 気象庁によると、平成12年までの30年間で日本で黄砂が観測された年間日数は平均20・2日。ところが、同年以降は40日超の年が続出している。原因として考えられるのは、中国で広がる過放牧や農地転換による土地の劣化、砂漠化だ。

 さらに、黄砂発生源の地表状態や、黄砂を運ぶ偏西風の流れなども飛来量を大きく左右するという。

 気象庁によると、今年はゴビ砂漠付近で積雪が少なく地表が露出している上、空気も乾燥しており、黄砂が空中に舞い上がりやすい環境にあるという。今月3日現在の年間観測日数は例年より若干多い11日だが、気象庁は、今後強い西風が日本へ吹き込むと「日本に黄砂が届く日数が増える可能性がある」とみている。

 一気に大量飛来したものより「ゆっくり中国を横断してきた小規模な方が汚染濃度が高い」と市瀬教授。「特に肺疾患系の病気を抱える人は飛来時に必ずマスクをしてほしい」と注意を呼び掛けている。

                   ◇

【用語解説】黄砂

 中国西方の砂漠域や黄土地帯などで、強風によって大気中に舞い上がった砂塵が、上空の風に運ばれ、降下する現象のこと。春に観測されることが多い。日本だけでなく、北米やグリーンランドで観測されたこともある。

<三菱重工>株主代表訴訟の和解成立 橋梁談合事件で損害(毎日新聞)
レストラン禁煙・分煙、罰則付き条例施行…神奈川(読売新聞)
経済対策・財政再建が「両輪」=新党名は持ち越し-与謝野、平沼氏ら(時事通信)
新党 二枚看板協調カギ 邦夫氏・鴻池氏見送り(産経新聞)
警官が覚せい剤飲ませる?同席女性から陽性反応(読売新聞)

<雑記帳>西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)

 本紙連載「毎日かあさん」の作者、西原理恵子さんが京都市内で4日、少女漫画の大御所、竹宮恵子京都精華大マンガ学部長との「画力対決」に臨んだ。

 京都国際マンガミュージアムで開催中の「西原理恵子博覧会」での催し。2人が「せんとくん」や「北斗の拳」など与えられたお題を次々と即興で描き、出来栄えを競った。

 竹宮作品が完成する度、会場からは「おーっ」と感嘆の声。だが西原作品には「似てない」「ひどい」と笑い声が起き、対決前、ブログに書いた「アウェー気分」が現実に。【広瀬登】

【関連ニュース】
毎日かあさん:第6巻「うろうろドサ編」 描き下ろし付きで26日発売 DVDプレゼントも
西原理恵子:「ボスキャラ登場!」浦沢直樹と画力対決 3月ビルボードライブ東京で
西原理恵子:「働いてきてよかった」 渋谷で25年を振り返る「バラハク」
毎日かあさん:特番「スナックかあさん」 ジャガー横田、吉岡美穂と西原さんが子育てトーク
浦沢直樹さん:ケンヂの曲を披露 ビルボード東京でギターライブ 西原理恵子さんと画力対決

<乳児遺体>37歳女を遺棄容疑で逮捕 プランターに埋める(毎日新聞)
シー・シェパード元船長、ビデオで傷害裏付け(読売新聞)
雑記帳 小雪さんが新作映画PRで表敬 福岡(毎日新聞)
記録的ヒットの『アリス~』を引っさげジョニー・デップが緊急来日!
空自の入札談合疑惑、防衛省に改善要求…公取委(読売新聞)

燃えた車に3人の遺体=ダム沿いの市道、事件の可能性も-富山(時事通信)

 30日午前10時20分ごろ、富山県南砺市のダム沿いの市道で、燃え尽きた四輪駆動車があるのを送電線工事の下見に来た作業員が見つけ、110番した。県警南砺署員が駆け付けたところ、中に3人の遺体があるのを発見、同署は事件の可能性もあるとみて調べている。 

郵貯限度額、2000万円に=政府出資は3分の1超(時事通信)
<水俣病>未認定患者団体「不知火会」が和解案受け入れ(毎日新聞)
<不正経理>神奈川2副知事を更迭 松沢知事(毎日新聞)
後発品情報を提供する新システムの運用、4月から開始(医療介護CBニュース)
「住民の葬儀情報を町議に漏らす」町長を告発(読売新聞)
プロフィール

いそむらあきはる

Author:いそむらあきはる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。