スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内閣特別顧問に稲盛氏(時事通信)

 平野博文官房長官は24日午後の記者会見で、京セラの稲盛和夫名誉会長を非常勤の内閣特別顧問に起用する人事を明らかにした。25日付で、鳩山由紀夫首相が同日、辞令を交付する。
 平野長官は稲盛氏の起用に関し「今後の国家、社会の在り方、特に日米関係を含む外交関係や、経営感覚を生かした行政刷新などに関し、大所高所の立場から指導してもらう」と述べた。 

【関連ニュース】
小沢氏責任への言及なし=長崎知事選敗北で閣僚発言
行政刷新副大臣に蓮舫氏浮上=法改正後のポスト増見据え
UR業務見直しで検討会=23日に初会合
国会議員、倍増が必要=事業仕分け第2弾で
印刷局、財務省に戻すことも=独立法人へ天下り「巧妙」

<寛永通宝>地域通貨で使用へ 香川・観音寺市で計画(毎日新聞)
アパート火災で幼児2人が心肺停止 宮城・名取市(産経新聞)
鳥取2人強殺 被害者遺族が出廷 「無期を」「極刑を」(産経新聞)
あす再び沖縄訪問=平野官房長官(時事通信)
競技中ですが、美帆ちゃん高校入試合格!(読売新聞)
スポンサーサイト

力士暴行死 「弟子ら信用できない」 名古屋高裁・控訴審(毎日新聞)

 大相撲時津風部屋の力士暴行死事件で、序ノ口力士、斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)=時太山=への傷害致死罪に問われ、1審で懲役6年(求刑・懲役7年)の実刑判決を受けた前親方、山本順一被告(59)の控訴審第1回公判が25日、名古屋高裁(片山俊雄裁判長)であった。1審判決について被告側が事実誤認や量刑不当を主張。検察側は控訴棄却を求めて結審した。判決は4月5日。

【写真特集】力士暴行死事件

 1審判決は山本被告が弟子に暴行を指示し、制裁目的のぶつかりげいこが行われたと認定したが、被告側は控訴理由の説明で改めて「弟子らの供述は信用できない。ぶつかりげいこも適法だった」と主張。相撲界特有の厳しいけいこに触れ「どこにでも起こりうる環境で生じた事件」と訴えた。

 また山本被告は被告人質問で、斉藤さんの遺族に支払った損害賠償金約4870万円に加えて、日本相撲協会からの退職金約1588万円を遺族に支払ったと主張。山本被告は協会に退職金支払いを求めて東京地裁に民事訴訟を起こしていたが、協会が遺族に支払った解決金3500万円の中に退職金を充当することで両者が和解したと説明した。

 しかし協会は25日、「協会は山本被告に退職金を支払わず、損害賠償を請求しない」という1月22日の和解内容を明らかにして退職金支払いを否定。解決金については「守秘義務があるので答えられない」とした。

 1審判決によると、山本被告は07年6月25日夜、斉藤さんの額をビール瓶で殴ってけがをさせた上、弟子たちに暴行を指示。26日には制裁目的でぶつかりげいこを行い、斉藤さんを外傷性ショック死させた。【式守克史、武藤佳正】

【関連ニュース】
【相撲界のごたごた】写真で見る朝青龍 激浪の土俵人生
朝青龍引退:「決断しないと解雇」腹決めた理事長
【相撲界のごたごた】写真で見る角界大麻疑惑(08年)
記者の目:朝青龍に美風を汚された大相撲だが=大矢伸一(東京運動部)

子ども手当、所得税増税で=財源確保へ最高税率見直し-菅財務相(時事通信)
<桂歌丸さん>横浜市内の病院に緊急入院 体調不良で(毎日新聞)
<スナメリ>住宅街の川で泳いでる 名古屋で騒ぎに(毎日新聞)
長崎県知事選 自公支援の中村氏が初当選確実(毎日新聞)
東京地検に銃弾? 届く=小沢氏不起訴に抗議-脅迫容疑で捜査・警視庁(時事通信)

普天間移設 シュワブ陸上部案 「最も現実的」…脚光(産経新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で17日、米軍キャンプ・シュワブ(名護市辺野古)陸上部への移設案が注目され始めた。鳩山由紀夫首相が検討案の一つに位置づけたことに加え、国民新党も陸上部案を掲げたため、5月決着に向けて政府・与党での検討作業は陸上部案を軸に進む可能性が出てきた。政府関係者は「もっとも現実的な案だ」としている。

 国民新党は17日、米軍嘉手納基地(嘉手納町など)への統合案に加え、シュワブ陸上部案の2案を了承した。米政府が現行計画の履行を求める中で、日本政府にも現行計画に近い陸上部案を推す声がある。滑走路建設で海を埋め立てる必要がなく環境への影響が少ない上、既存の米軍施設内のため反対も少ないとの判断からだ。

 社民党の阿部知子政審会長も17日、福島瑞穂党首が陸上部案を批判したことに対し「(政府・与党の)沖縄基地問題検討委員会以外の場で批判するのは仁義がなさ過ぎる」と苦言を呈した。さらに阿部氏は「沖縄県外であってほしいという思いはあるが、委員会以外の場で批判し合ったら、何のための委員会か分からなくなる」など、陸上部案を排除しない考えを強くにじませた。

 ただ、陸上部案については、名護市の稲嶺進市長がこの日、北沢俊美防衛相らとの会談で強い難色を示している。また、自民党政権時代には、米側が反対した経緯もある。

他人名義の口座売ると宣伝=ネットに書き込み容疑の男逮捕-警視庁(時事通信)
再編にらみ 自民に火種 攻勢も支持回復つながらず…(産経新聞)
政府・民主党、各省政策会議の見直し協議へ(産経新聞)
民主を次々襲う「政治とカネ」疑惑 今度は北教組の違法献金(J-CASTニュース)
中国・北の脅威対処、新防衛大綱へ議論開始(読売新聞)

<糖尿病>働き盛り調査…治療と仕事両立探る 5千社対象(毎日新聞)

 働き盛りのサラリーマンの糖尿病対策の実態を調べるため、独立行政法人「労働者健康福祉機構」が国内企業を対象とした初の調査を実施する。糖尿病患者の多くは、30~40代で血糖値が上昇し、発症するとされる。しかし、働いている人は仕事が忙しいなどで、治療の継続が難しく悪化させがちだ。同機構は、働く糖尿病患者・予備群の治療や勤務の実態を明らかにし、就労と治療の両立を実現する職場ガイドライン作成を目指す。

 調査では、糖尿病の治療や予防対策が必要な社員数、治療実績や検査値の推移の把握状況、勤務形態などを尋ねる。来月下旬ごろから東証、大証、名証の1、2部上場企業約5000社に調査票を配布、続いて中小企業約1万社にも広げる。

 軽い糖尿病や予備群は自覚症状がなく、治療の継続が難しい。一方、多くの企業は、健康診断で異常値が見つかっても受診を促すだけで、通院状況や血糖値の推移までは把握していないという。

 調査の計画に携わった堀田饒(にぎし)・中部労災病院長は「調査で実態を把握し、治療と仕事が両立できる職場環境づくりを提言したい」と話す。【永山悦子】

 ◇国内の糖尿病患者

 07年の厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、患者は約890万人、血糖値が異常値ではないものの正常値を上回る予備群が約1320万人となり、患者と予備群で計約2210万人、10年前の1.6倍に達した。

【関連ニュース】
<写真特集>世界糖尿病デー 各地でブルーライトアップ
<特集>糖尿病講座
社説:メタボ健診 科学根拠に制度見直せ
糖尿病:中年の3人に1人誤解「肥満でないからならない」
メタボ健診:腹囲基準根拠ゆらぐ 3万人データ解析で

民主政調復活を否定=首相(時事通信)
<温暖化対策>デブア事務局長が辞任へ(毎日新聞)
<長谷川等伯>特別展23日開幕 東京国立博物館で(毎日新聞)
無職少年「沙耶さんの姉狙った」…石巻3人殺傷(読売新聞)
鳩山首相、メンバーから除外=「オブザーバー」参加に-国・地方協議で最終案・政府(時事通信)

女性転落! 電車通るも無事=救助男性、レール間に寝かす-東京・JR高円寺駅(時事通信)

 15日午後9時15分ごろ、東京都杉並区高円寺南のJR高円寺駅で、都内に住む女性(20)がホームから線路上に転落した。約1分後に電車が女性の上を通過して停車したが、男性会社員(24)が女性の体をレールの間に寝かせており、女性は頭に擦り傷の軽傷で済んだ。
 警視庁杉並署などによると、女性は飲酒して帰宅途中、駅のホームから誤って線路上に転落。男性が救助しようと飛び降りたが、女性に声を掛けても返事がなかった。
 高尾発東京行きの中央線上り快速電車の到着が約1分後に迫っていたため、男性はとっさに、レール上に乗っていた女性の手足をレール間にはまるように寝かせ、自分はホーム真下の避難スペースに入った。
 電車は女性の体の上を通過し停車。声を掛けられると女性は返事をし、5両目の下から自力で脱出し、ホーム上に救助された。レールから車体までの高さは約30センチ、レールとレールの間は約1メートルだった。 

外来の窓口負担に細かな加算も チェック必要(産経新聞)
山内衆院議員の元秘書逮捕=3千万円詐取容疑-警視庁(時事通信)
日吉駅で全裸騒ぎ慶大生9人、少年審判不開始(読売新聞)
「1票の格差」是正へ検討着手=参院(時事通信)
19歳少年を逮捕=大学生の傷害致死容疑-大阪府警(時事通信)

関東で18日朝にかけ雪、南部で積雪のおそれ(読売新聞)

 低気圧の影響で、関東地方では17日夜遅くから18日朝にかけて雪が降り、茨城県と東京23区など関東地方南部の平野部を中心に積雪になるおそれがある。

 気象庁によると、18日午後6時までの降雪量は、いずれも多いところで、茨城県と、神奈川県西部から多摩地方、秩父地方にかけて5センチ。東京23区を含む関東地方南部の平野は1~3センチの見込み。

 気象庁は、交通障害や路面の凍結などの注意を呼びかけている。

官邸に銃弾入り郵便物か(時事通信)
党首討論 「与野党機関設置に賛成」政治とカネ巡り首相(毎日新聞)
オウム新実被告の死刑確定(産経新聞)
【党首討論詳報】(5) 谷垣氏「小沢氏の証人喚問を」(産経新聞)
「介護に疲れ」母を絞殺=容疑の48歳男逮捕-警視庁(時事通信)

<五輪フィギュア>小塚選手にエール…元五輪代表の父(毎日新聞)

 バンクーバー五輪フィギュアスケート男子は17日(日本時間)にショートプログラム(SP)が行われ、名古屋市出身の小塚崇彦選手(20)=トヨタ自動車=が、出場30人中22番目に登場する。自らも五輪に出場した父嗣彦(つぐひこ)さん(63)は「自分の力を出し切ってほしい」とエールを送る。

 ◇17日にSP…男子

 小塚家には3代にわたるフィギュアの系譜がある。小塚選手の祖父光彦さんは愛知県スケート連盟の創設に携わった。光彦さんから指導を受けた嗣彦さんも、全日本選手権3連覇や68年グルノーブル五輪出場などの実績を残した。

 光彦さんの指導は厳しく、競技をやめることさえ許されなかった。「だから反面教師なんです」と言う嗣彦さんは、父から続く道を強制しなかった。アイスホッケーやサッカー、ダンスなどに親しんだ小塚選手が自らフィギュアを選んだのは小学校高学年の時。ただし、知り合いだった佐藤信夫・久美子夫妻にコーチを頼んだ。「親子が師弟になることはない」。自分の経験による判断だった。

 「私の方が器用だが、崇彦の方が努力する。やめたいと言ったことがない」と嗣彦さん。06年世界ジュニア選手権、08年スケートアメリカで優勝するなど着実に成長した小塚選手は、昨年末の全日本選手権で3位に入り、五輪出場を決めた。

 早大3年時に五輪に出場した嗣彦さんは「参加することに意義がある、の言葉通り。競技のことはあまり覚えていない」と苦笑いをする。トヨタ自動車の社内留学制度で中京大に通う小塚選手も現在3年生。嗣彦さんは五輪を巡る不思議な縁も感じる。

 「最近は私のアドバイスに自分の考えを言うようになってきた」と、息子の成長を感じている。「出発前には風邪を引かない、おなかを壊さない、けがをしない、と伝えた。親としてはまずは万全の体調で自分の力を発揮してほしい」。先輩として、父親として小塚選手を見守る。【村社拓信】

【関連ニュース】
フィギュア:親子2代で栄光の舞台…小塚選手が五輪切符
全日本フィギュア:高橋、小塚が五輪へ 3代表出そろう
全日本フィギュア:高橋がSP首位 小塚2位、織田3位
五輪フィギュア:高橋ら公式練習「心配ない」
バンクーバー五輪:フィギュアの小塚崇彦が現地へ出発

<漁船銃撃>船長2人を送検 北海道羅臼海保署(毎日新聞)
首相動静(2月14日)(時事通信)
<国庫負担金>4400万円国に返還へ 三重・鈴鹿(毎日新聞)
あの派手な看板は何? 中国の観光サイトで「グリコ」人気(産経新聞)
エンダン文庫 母国でも語り継ぐインドネシア人青年の勇気(毎日新聞)

<北海道ひき逃げ>容疑者を起訴 札幌地裁支部(毎日新聞)

 美唄市の道道でひき逃げされた近くの無職、朝倉清司さん(80)の遺体が約23キロ離れた空知管内奈井江町で見つかった事件で、札幌地検は14日、同管内月形町、左官工、松本英樹容疑者(47)を道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転過失致死の両罪で札幌地裁岩見沢支部に起訴した。

 起訴状によると、松本被告は1月2日午後6時15分ごろ、路上に倒れていた朝倉さんを乗用車ではねて即死させたうえ、遺体を引きずりながらそのまま逃走したとされる。

 道警の調べに対し「路上に黒っぽい塊を見つけたが避けられずそのまま進んだ。後になって人かも知れないと思った」との趣旨の供述をしていたが、地検は▽当時の速度(時速60~70キロ)で物体と衝突すれば、人をはねたことに気づくはず▽事故後に車体の下を調べている--などの状況から、ひき逃げでの立件が可能と判断したとみられる。

 朝倉さんは路上にうつぶせに倒れていたとみられるが、理由は分かっていない。【吉井理記】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:危険運転致死容疑で同乗の2人再逮捕
名古屋ひき逃げ:4人目の男逮捕 危険運転致死容疑
名古屋ひき逃げ:運転の男を送検 危険運転致死容疑
名古屋ひき逃げ:運転者の男 逃走中に知人宅で1泊
名古屋ひき逃げ:知人宅近くで身柄確保 仲間が逃走関与か

旧総合病院の外来レセプトも1枚で―厚労省が事務連絡(医療介護CBニュース)
府中で女性変死、夫とみられる男性は飛び降り(産経新聞)
ハイチ大地震 陸自の重機 成田を出発(毎日新聞)
<定住自立圏構想>全国23地域で形成される 総務省発表(毎日新聞)
司会者の玉置宏さん死去(時事通信)

<訃報>谷部平太郎さん91歳=元日本ピストンリング専務(毎日新聞)

 谷部平太郎さん91歳(やべ・へいたろう=元日本ピストンリング専務)9日、胸膜炎のため死去。葬儀は13日午前11時、さいたま市浦和区駒場2の3の4の蓮昌寺会館。喪主は四女弘子(ひろこ)さん。

京王線車庫で一部車両脱線=ラッシュ時、3割運休-東京(時事通信)
「(石川被告は)国会議員の職務に関連して責任を問われてはいない」(産経新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(中)】「極悪非道な『ふり』をしているだけ」 弁護人、人間性強調(産経新聞)
石川議員 辞職、離党を否定 保釈後、初会見 (毎日新聞)
近ツー元社員、詐欺罪で起訴=旅行積み立て装い7億円-大阪地検(時事通信)

11年前の殺人、4人逮捕=別の強殺事件で起訴の男ら-宮城県警(時事通信)

 風俗店経営者に対する強盗殺人罪などで起訴された男らが、11年前にも別の男性を殺害したとして、宮城県警暴力団対策課などは10日、殺人容疑で無職笹本智之(35)、会社役員菅田伸也(31)両容疑者を再逮捕、福島市野田町、会社員山田純也容疑者(31)、仙台市青葉区の衣料品会社役員(30)=事件当時19歳=を逮捕した。
 県警によると、笹本容疑者は容疑を認め、菅田容疑者ら3人は否認しているという。
 逮捕容疑では、4人は共謀し、1999年1月31日、東京都中野区のアパートで、笹本容疑者の知人だった新宿区大久保の打田篤司さん=当時(31)=の首を絞めるなどして殺害した疑い。
 打田さんの遺体は昨年、仙台市太白区の山中で白骨化した状態で見つかった。県警は、打田さんと笹本容疑者の間に何らかのトラブルがあったとみて調べている。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
強盗殺人容疑などで再逮捕へ=千葉大生殺害、来週にも
連続路上強盗で懲役6年6月=大阪地裁の裁判員判決
放火容疑で27歳女逮捕=「給料が安くいらいら」
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張

「つぶやきは秘書のやったことです」 81歳「ハマコー」ツイッター大人気(J-CASTニュース)
<鴻巣市移動支局>開設 「びっくりひな祭り」に合わせ(毎日新聞)
「梁山泊」実質経営者を起訴=2億8000万円脱税-大阪地検(時事通信)
AED、405台を自主回収(医療介護CBニュース)
道路予算、陳情の有無で格差=民主版個所付け資料の全容判明(時事通信)

<長浜市長選>前衆院議員の藤井勇治氏が初当選(毎日新聞)

 長浜市長(滋賀県)前衆院議員の藤井勇治氏(59)が初当選。現職の川島信也氏(73)を破る。投票率は58.40%。

 確定得票数次の通り。

当33703 藤井 勇治

=無新<1>

 22075 川島 信也

=無現(1)

山スキーで不明の4人を発見 長野県警(産経新聞)
就職氷河期も学生の額に汗 池袋・サンシャインで企業説明会(産経新聞)
「トラブル聞かないが…」=震える近隣住民-宮城県石巻市(時事通信)
「子分に配るカネ」邦夫氏証言に首相気色ばむ(読売新聞)
<派遣法改正>通訳など専門26業務も 首相(毎日新聞)

老人施設火災 理事長ら2人を逮捕 業務上過失致死容疑(毎日新聞)

 群馬県警は10日、昨年3月に同県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」で10人が死亡した火災で、施設を運営する特定非営利活動法人「彩経会」の理事長を務める高桑五郎(85)▽同会理事で施設管理者の久保トミ子(73)の両容疑者を業務上過失致死容疑で逮捕した。

成果・不満・悲鳴…「平成の大合併」終盤へ(読売新聞)
<大雪>脱出作業7日夕終わる 新潟の車100台立ち往生(毎日新聞)
栃木県庁でガソリン持った男逮捕(産経新聞)
日韓外相、北核問題で連携確認(産経新聞)
朝青龍の知人を任意で事情聴取 暴行問題で警視庁(産経新聞)

外国人参政権の反対署名消える 兵庫・加西市議会 盗難の可能性も(産経新聞)

 兵庫県加西市議が集めた永住外国人への地方参政権付与の法制化に反対する署名が、議会事務局内でなくなっていたことが8日、分かった。意見書案と一緒に臨時市議会にも提出できず、市議は「言論を妨害されたような思い。再び署名を集め、政府に地方議会の意見を届けたい」と話している。

 意見書案は、国民ではない永住外国人に地方の選挙権を与えることは憲法上問題があり、参政権を取得するには帰化すべきだ-といった内容。

 市議や議会事務局によると、市議が今月2日、意見書案と署名をファイルにとじて議会事務局の机に置いていた。計8人の市議が賛同し、署名していた。

 6日朝、出勤した事務局の職員が署名がなくなっていることに気づいて捜したが見当たらず、7日に開催された臨時市議会に提出できなかった。5日午後までは所在が確認されており、事務局職員が5日、施錠して帰宅していたという。

 盗難にあった可能性もあるといい、市議は「3月議会で提出したのでは時機を逸する恐れがあるので、今議会の最終日に提出したい」と話している。

枝野氏を行政刷新相に起用(時事通信)
プロ野球選手の個人情報紛失=関テレ社員、USB持ち出し-大阪(時事通信)
<産地偽装>青森産豚肉と偽り納入の疑い 八戸の業者逮捕(毎日新聞)
新聞に自分の写真、出頭した「出し子」逮捕(読売新聞)
「異常死隠すため病室に運んだ」=主治医塚本容疑者-手術記録も所在不明・奈良県警(時事通信)

石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら2人、監禁容疑で逮捕(毎日新聞)

 宮城県石巻市清水町1、南部かつみさん(46)方で10日朝、男女3人が男に刃物で殺傷された事件で、県警石巻署は同日午後、南部さんの次女沙耶(さや)さん(18)を車で連れ去った元交際相手で石巻市の解体工の少年(18)を同市内で発見。一緒にいた同県東松島市の無職少年(17)とともに、未成年者略取と監禁容疑で現行犯逮捕した。沙耶さんは左足に軽いけがをしていたが、無事だった。

 逮捕容疑は、10日午前6時40分ごろ、南部さん方から沙耶さんを無理やり車で連れ出し、監禁したとしている。元交際相手の少年は「おれは関係ない」と容疑を否認し、無職少年は「一緒に連れ出し監禁した」と供述しているという。

 この事件では、南部さんの長女美沙さん(20)と、沙耶さんの友人で石巻市の高校生、大森実可子さん(18)が胸などを刺されて出血性ショックで死亡。友人の建設作業員の男性(20)が重傷。県警は元交際相手の少年が3人を殺傷した可能性が高いとみて、無職少年も殺傷にかかわったかなどを調べる。逮捕時、2人は血痕のようなものが付いた刃物を持っていた。

 県警によると、沙耶さんは元交際相手の少年からたびたび暴力を受け、09年2月~今年1月、県警石巻署に6回相談に訪れた。事件前夜にも家に来た少年に暴力をふるわれて110番。10日に被害届を提出することを決めたという。同署は少年に2回警告していたといい、記者会見した阿部信三郎県警刑事部長は「対応に問題はなかったと考えている」と述べた。【鈴木一也】

【関連ニュース】
石巻2人刺殺:逃走した18歳少年ら2人逮捕、女性は無事
女児連れ去り:中3逮捕 未成年者略取容疑 名古屋
連れ去り:車内の乳児、5分後に屋外で保護 名古屋
連れ回し:知人女性と3人の娘を車で 24歳男逮捕 広島
兵庫・小野の男児遺棄:実母が控訴--大阪高裁

節分 年男や年女が豆まき 福岡・櫛田神社(毎日新聞)
<「だいじょうぶ」>人文字で防犯・防災「三つの輪」(毎日新聞)
わざわざ大阪に転居、夫婦が生活保護不正受給(読売新聞)
作家の立松和平さん死去、62歳(読売新聞)
22年度予算案審議入り、4日に先送り 自民が「個所付け内示」に反発(産経新聞)

衆院予算委、19日に地方公聴会=政府、個所付け資料を提出(時事通信)

 衆院予算委員会は10日午後の理事会で、地方公聴会を19日に大阪府と新潟県でそれぞれ実施することで合意した。与党側は、2010年度予算案の採決の前提となる中央公聴会についても23日に行うよう提案したが、引き続き与野党で協議することになった。
 また政府・民主党は、野党側が求めていた、10年度の国土交通省の公共工事実施場所(個所付け)の資料を理事会に提出した。これまで民主党は「党の内部資料だ」として、資料提出を拒否してきたが、提出をめぐり委員会審議がたびたび紛糾していることから、方針転換した。 

2度目の新婚旅行は“乗り鉄”で 計88歳以上の夫婦限定「パス」(産経新聞)
<多額窃盗>国内20~30件関与か…香港で逮捕の爆窃団(毎日新聞)
政治主導法案を閣議決定へ=国家戦略局、刷新会議を明記(時事通信)
追及1年、巨額資金暴く=「本丸」到達せず-東京地検・小沢氏不起訴(時事通信)
昨年の月給、減少率最大=3.9%マイナス-厚労省調査(時事通信)

<自民党>激励というより苦言 テリー伊藤ら機関紙に寄稿(毎日新聞)

 自民党は今週発行した機関紙「自由民主」9日号で、演出家のテリー伊藤氏と漫画家のやくみつる氏の寄稿を1ページを割いて掲載した。テーマは「しっかりしろ自民党」。「もはや野党としても蘇生の見込みがない」(やく氏)など刺激的な言葉が並ぶ異例の内容で、党員がかえって意気消沈しないか心配する声も出ている。

 やく氏は自民党を「先の総選挙の投票終了時点で、波瀾(はらん)の生涯を閉じられた」と断じ、「長年の失政のツケを払わされて汲々(きゅうきゅう)としている民主党を自民党に攻める資格はない」と批判した。テリー氏も「自分の夢をひとつも語らずに、恋敵(民主党)の悪口ばかりを並べて(有権者を)口説こうとしている」と皮肉った。

 党新聞出版局によると、9日号は3日に発送したばかりで、党員からの反応はまだないという。担当者は「新しい自民党の試み。批判は覚悟で掲載した」と胸を張るが、ある中堅議員は「ちょっとやばいな」と不安を漏らした。【木下訓明】

【関連ニュース】
休刊:月刊の自動車雑誌「NAVI」 2月26日発売号で
NAVI:月刊の自動車雑誌、休刊へ
紅白歌合戦:60回記念で久石譲さんがオリジナル曲 テリー&麻里が応援隊に
水樹奈々:紅白歌合戦「デジタル応援隊」に就任 テリー伊藤も「応援隊の城島」と絶賛
八田亜矢子:番組に遅刻 理由はゲーム?お酒?それとも……?

海外企業の国内提訴で新ルール=法制審答申、民訴法改正案提出へ(時事通信)
借金条件に「ソープで働け」=有害業務紹介容疑で社長逮捕-警視庁(時事通信)
<リコール>三菱ふそうのトラックやバス 同部品の日産も(毎日新聞)
JR常磐線の線路脇に放火 容疑の男逮捕 ひたちなか(産経新聞)
トヨタ社長、早急な対応指示=「プリウス」問題で会見(時事通信)

小沢幹事長、田村参院議員に入党要請(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は5日、政治資金規正法違反事件での不起訴を受け、党務を本格的に再開した。小沢氏は同日、党本部に昨年末に自民党を離党した田村耕太郎参院議員(鳥取選挙区)を招き、民主党への入党を要請した。

 小沢氏は「君は経済や財政、成長戦略に明るい。その力を日本のために貸してくれないか」と語った。田村氏は「考えさせてほしい」と答えた。

 田村氏は面会後、記者団に「政策面で実行力のある立場で、経済(問題)に挑戦できるかもしれないのは非常に魅力的に感じた」と語ったが、入党については「白紙だ」とし、今後検討する考えを示した。

 田村氏は今夏の参院選で改選を迎えるが、民主党は改選1議席の参院鳥取選挙区で坂野真理氏の擁立を決めている。田村氏が民主党入りすれば、民主党会派は参院定数(242)の半数(121)となる。

【関連記事】
石川知裕被告を保釈 保釈金1200万円
小沢幹事長が訪米検討 キャンベル次官補の要請で
「民主の倫理観」批判 辞職勧告不採決で自民・大島氏
政治責任を改めて問う 国会は証人喚問で疑惑解明を
小沢氏不起訴 関係不安定化は回避 中国に安堵感

神戸←→茨城 スカイマーク記念便“即日完売” 定期便に空港も期待(産経新聞)
宇宙産業で合同ミッション=アフリカに初の売り込み(時事通信)
街角景気、2カ月連続改善=基調判断は据え置き-内閣府(時事通信)
<鳩山首相>「小沢氏の責任、当然あると思う」 衆院予算委(毎日新聞)
全国初、ダム撤去を決定=存続方針を転換-蒲島熊本県知事(時事通信)

<参院代表質問>「同志」発言で鳩山首相が答弁(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は3日の参院本会議で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件に関し「ともに苦労を分かち合いながら政権交代を成し遂げた民主党の同志の、自分は潔白だという言葉を信じるのは当然だ」と述べた。首相の施政方針演説などに対する代表質問で、公明党の山口那津男代表が「(小沢氏を信頼する)根拠を国民に示す必要がある。『同志だから』では国民を愚弄(ぐろう)している」とただしたのに答えた。

 山口氏はまた、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「5月末までに決定できなければ、首相として責任を取る覚悟があるということか」と追及。首相は「一刻も早く移設先を見いだしていかなければならない。最終的には私が責任を持ちながら、5月末までに必ず結論を出す」と述べるにとどめた。【野原大輔】

【関連ニュース】
子ども手当:首相、満額方針変えず 経済効果は1兆円
党首討論:17日開催で与野党合意 初の鳩山首相対自・公
鳩山首相:小沢氏の招致、明言せず…参院代表質問
鳩山首相:今夏参院選の陣頭指揮「小沢氏に」
衆院代表質問:「党内の民主主義は健全」鳩山首相

<交通事故>京都のドトール、車突入4人けが 容疑で運転手逮捕(毎日新聞)
石川議員を保釈=深く一礼、無言で車へ-大久保、池田被告も・陸山会事件(時事通信)
豊中市議会、知事の懇談申し入れ断る 大阪空港存廃問題(産経新聞)
【話題の本】『あねチャリ』川西蘭著(産経新聞)
「冷静に見守ることが大事」 与党内の小沢氏「けじめ」論に鳩山首相(産経新聞)

<人事>最高裁(5日)(毎日新聞)

 最高裁(5日)退職(東京高裁部総括判事)門野博

<北極振動>気象予想のかく乱要因 2月東日本、異例の修正(毎日新聞)
「通勤途中に還付申告を」 大阪国税局(産経新聞)
五輪招致活動報告書が判明 知事、61委員と交渉 深い関係築けず(産経新聞)
生後数日の女児を玄関先に置き去り 東京・大田区 (産経新聞)
私立高授業料支援、拡大を検討へ=高校間の競争促進も-橋下大阪知事(時事通信)

<着服>司法書士が「過払い金」、和解書改ざんし 富山(毎日新聞)

 富山県司法書士会は3日、同会所属の山田陽一司法書士(41)=事務所・同県小矢部市=が、消費者金融などとの和解書を改ざんして、同県在住の依頼者が払い過ぎた利息「過払い金」の一部約200万円を着服したと発表した。山田司法書士は同会の調査に対し着服を認め、他に9人の依頼者の過払い金計約1000万円を着服したと答えたという。

 日本司法書士会連合会によると、司法書士による過払い金着服は全国初という。

 富山県司法書士会によると、山田司法書士は07年夏に依頼者から債務整理の委任を受け、08年11月までに消費者金融など2社と過払い金返還の和解が成立。その際、和解書にワープロで打った数字を張り付ける手口で、返還額を計約265万円から「計約62万5000円」と改ざんし、差額を着服したという。依頼者には改ざんしたした和解書のコピーを渡していた。

 昨年12月、依頼者が和解した1社に返還額を確認。調査依頼を受けた同会が山田司法書士に確認したところ、着服を認めた。同会は3日、富山地方法務局長に着服を報告。山田司法書士は同日、県警小矢部署に自首した。

 里村美喜夫・日本司法書士会連合会専務理事は「借金で苦しむ依頼人を裏切る行為。再発防止に努めたい」と陳謝した。【岩嶋悟】

【関連ニュース】
着服:博多署員が課内の積立金100万円を 停職処分に
天引き年金:未納扱い1万4千件訂正 着服や手続きミス
マンション:管理組合積立金で業者処分急増、09年16件
横領容疑:客の327万円着服 JA元職員逮捕
ケアマネジャー:高齢姉妹の5200万円着服容疑

首相動静(2月1日)(時事通信)
広島高裁長官に寺田逸郎氏=最高裁(時事通信)
<団地の地盤沈下>愛知県の責任認めず 名古屋高裁(毎日新聞)
税優遇の不動産、陸山会が異例の所有(読売新聞)
【近ごろ都に流行るもの】アレンジたこ焼き 酒場、家庭で大人気(産経新聞)

日中歴史共同研究 日本側「苦渋の譲歩」中国側、繰り返し圧力(産経新聞)

 歴史認識問題を政治から切り離し、日中の関係改善に舵(かじ)を切る-。双方が一致した狙いで始まった歴史共同研究だが、3年余の応酬で日本は中国に振り回され続けた。中国が強引に求めた現代史の論文封印を「苦渋の選択」(北岡伸一座長)で受け入れた日本側。学術研究も「圧力」で御した中国の手法は、今後の日中関係を予感させる。

 議論では、天安門事件や「愛国主義教育」(反日教育)のほか、中国が「正義の裁判」とする極東国際軍事裁判の評価や朝鮮戦争(中国は韓国の北侵を教科書に掲載)でもかみ合わず、中国側が不快感をあらわす場面が多々あったという。

 史観の違いは当初から織り込み済みだった。それ以上の思わぬ手法で中国側は日本への揺さぶりに出た。

 平成20年、論文計32本とテーマ別の議論のコメントがほぼ仕上がった7月末、中国側が突然、会合を要求。関係者によると、中国側は、すべての論文の非公開を要求し、「数枚の報告書で総括したい」などと言い出した。驚いた日本側は「何が気に入らないのか」と押し返そうとしたが、「出す」「出さない」の応酬は約1年間続き、21年8月末、「戦後の現代史の論文の発表を見合わせる」ことで日本側が妥協した。

 だが波乱はさらに続いた。双方は9月4日に最終会合を東京で開き、現代史をのぞく論文を9月末に発表することを決めていたが、最終会合も中国側は一方的にキャンセルした。

 背景には、日本側の政権交代があるとみられている。「親中的な鳩山政権の出方を見極めたいという事情があったようだ」(協議関係者)

 曲折を経て昨年末の12月24日にようやく開かれた最終会合。このとき日本側は中国側が何を言い出すか分からないと構え、岡田克也外相に「決裂もあり得る」と報告。これ以上の譲歩を求めてきた場合は「決裂も辞せず」の外相の了解まで取り付けて臨んだという。

 中国側は「実際に論文を出し合ってみて、改めて論文公表の内政への影響力に中国政府が懸念を強めたようだ」(外交関係筋)とみられている。首脳の判断というより、外交当局の保身との見方が強い。

 封印された現代史の論文(日中で計6本)は第2期に引き継がれるが、行方は不透明だ。歴史共同研究はその過程そのものが日中の「価値観の違い」を浮き彫りにしたといえそうだ。(久保田るり子)

【関連記事】
日中両国の間にはこれだけの相違が…
懸念される「教科書」への影響
中国で報告書の内容を伝えるNHKニュース番組中断
南京事件犠牲者で溝、戦後史は見送り 日中共同歴史研究
妥協求めた政治的研究 中国側ネット世代の反発も

<JR大阪駅>国内初 ホーム覆うドーム(毎日新聞)
【中医協】医療技術72件の新規保険適用を了承(医療介護CBニュース)
宙に浮く「枝野補佐官」 小沢氏配慮が原因?(産経新聞)
張が2連勝=囲碁棋聖戦(時事通信)
首相、閣僚に自制要求=官房長官は陳謝-亀井発言(時事通信)

小沢幹事長が続投の意向表明、首相も容認(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は4日、自らの不起訴を受けて党本部で記者団に、「私が代表から指名していただいている幹事長の職責を返上しなくてはいけないとは考えていない。参院選で国民の支持を得て、過半数を獲得するため、最善を尽くす」と語り、幹事長を続ける意向を表明した。

 鳩山首相も続投を容認する考えを示した。

 首相は4日夜、小沢氏の不起訴を受け、首相官邸で記者団に、「検察は公正な立場から判断したと受け止めている。今、党の人事をうんぬんする状況ではない」と述べた。石川容疑者については、「現職の国会議員が起訴されたことは遺憾で、おわびを申し上げなければならない。出処進退は自身が考えて判断すべき問題だ。それを受けて党で判断する」と語った。

 自民、公明、みんなの党の野党3党は4日夜、石川容疑者の議員辞職勧告決議案を横路衆院議長に提出した。ただ、民主党は「議員の進退は本人が判断すべきだ」とし、当面は衆院本会議への上程に応じない方針だ。

乳がんリスク 食生活で低減 大豆、魚介、乳酸菌…抑制・予防効果(産経新聞)
普天間移設 候補地、政府内で徳之島が浮上(毎日新聞)
<雑記帳>映画「京都太秦物語」完成披露試写会行われる(毎日新聞)
ジェムザールの乳がん適応追加を承認へ―厚労省(医療介護CBニュース)
東海道新幹線 一時不通…乗客3100人「缶詰め」疲労感(毎日新聞)

進退の判断、小沢氏に求める…野田氏が示唆(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、野田佳彦財務副大臣は29日、小沢氏に進退の判断を求める声を上げた。

 一方、小沢氏は同日、幹事長続投への強い意欲を改めて強調した。

 党執行部や小沢氏を支持するグループは、小沢氏を擁護する構えを鮮明にしており、今後、小沢氏の進退をめぐって党内の対立が表面化する可能性が出てきた。

 野田氏はTBSの番組収録で、小沢氏の進退に関し、「政権交代の意義を出すには、7月の参院選で安定政権になることだ。その大命題に沿った判断を、何かの事実があった時にはするということだ」と述べ、小沢氏が刑事責任を問われるような場合は辞任すべきだとの考えを示唆した。

 野田氏は、鳩山首相が小沢氏に「闘って下さい」と発言したことについても、「党が(小沢氏を)支えるという話ではない。政府が支える立場ではなおない。表現の仕方を間違ったかもしれない」と語り、党と小沢氏の問題は切り離すべきだとした。

 党内では野田氏のほかにも、前原国土交通相が小沢氏の資金管理団体が土地を購入したことに関し、「政治資金で不動産を買うべきではない」(26日、参院予算委員会での答弁)と述べるなど、小沢氏と距離を置く発言が出始めている。

 野田氏は党内で約40人のグループを率いる。前原氏のグループにも約50人が所属。民主党内では、これまでは小沢氏への表だった批判は少なかった。野田氏らが小沢氏の責任を追及する姿勢を公に見せ始めたことで、党内の「沈黙」が破られる可能性もある。

 一方、小沢氏は29日夜、松山市で開かれた同党参院議員のパーティーであいさつし、「私ももう少し頑張らせていただきたいと思っている」と強調した。

 自らの政治資金規正法違反事件について、「お騒がせし、心配を頂いているが、国民の生活を守るための政治、議会制民主主義を定着させる、この理想を実現するために今後も一生懸命頑張りたい。次の後継者を育て、私の最後の仕事としてやっていきたい」と語った。

<公明党>「政治とカネ」の協議機関設置を呼びかけ(毎日新聞)
<普天間移設>総辞職覚悟で選定を 民主・海江田氏(毎日新聞)
津波の爪跡生々しく…チリ地震後の写真発見(読売新聞)
<異物混入>おでんパックにカッターの刃 埼玉のスーパーで(毎日新聞)
津波の爪跡生々しく…チリ地震後の写真発見(読売新聞)

抗精神病薬5成分で無顆粒球症と白血球減少の副作用(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は1月27日に公表した「医薬品・医療機器等安全性情報」で、アリピプラゾールなど抗精神病薬10成分について、無顆粒球症と白血球減少に関する副作用報告の国内での集積状況を明らかにした。5成分14例の報告があり、アリピプラゾールでは死亡1例を含む5例だった。

 米国で昨年行われた抗精神病薬の添付文書改訂で、無顆粒球症と白血球減少に関して注意喚起を行う措置が取られたことを受け、厚労省は国内でこれまでに無顆粒球症と白血球減少に関して添付文書に何らかの記載がない成分について、副作用報告の集積状況を調査した。

 その結果、直近の3年間で無顆粒球症と白血球減少に関する副作用報告は、▽アリピプラゾール(大塚製薬のエビリファイ)5例(うち死亡1例)▽リスペリドン(ヤンセンファーマのリスパダールなど)3例▽オランザピン(日本イーライリリーのジプレキサ)3例―など5成分14例(うち死亡1例)だった。

 厚労省は10成分すべてについて、添付文書の使用上の注意に「重大な副作用」として無顆粒球症と白血球減少を加えるよう関係各社に指示した。


【関連記事】
抗がん剤「ネクサバール」、因果関係否定できない死亡が7例
インスリン製剤「新たな安全対策の必要性はない」―厚労省
医薬品副作用による皮膚疾患、約4年間で2370件
統合失調症治療薬をFDAに申請―大日本住友アメリカ
生活の質改善に期待「非定型抗精神病薬」

大塚愛さんらの曲を違法配信=3800曲、2人逮捕-滋賀県警(時事通信)
小天体の衝突でも大災害か=国際協力で調査と対策を-米科学アカデミー報告書(時事通信)
雑記帳 モーグルコースをイメージしたカレーはいかが(毎日新聞)
津波の爪跡生々しく…チリ地震後の写真発見(読売新聞)
<島根女子大生遺棄>通勤路周辺居住20~40代の男か(毎日新聞)

ボンバル機引き返し=警告灯が点灯-大阪空港(時事通信)

 27日午前11時ごろ、大阪空港(伊丹)から松山に向かっていた日本エアコミューター2305便ボンバルディアDHC-8-402型機が香川県の小豆島上空を飛行中、前輪が格納されていないことを示す警告灯が点灯した。同機は大阪空港へ引き返し、午後0時12分に着陸した。乗客乗員77人にけがはなかった。
 日本エアコミューターが原因を調べている。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
ボンバル機で発電機に不具合=中部空港に引き返し
胴体着陸、氏名不詳者を書類送検=高知空港ボンバル機事故

政府が「検察リーク」否定の答弁書を閣議決定(産経新聞)
鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」(産経新聞)
手作りボートを試そうとして事故、60歳男性死亡 千葉(産経新聞)
首相、参院選後の省庁再編検討 子ども家庭省設置も 2次補正きょう成立(産経新聞)
看護師殺人未遂が時効=私的懸賞金も、有力情報なく-大阪府警(時事通信)
プロフィール

Author:いそむらあきはる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。